株主総会―ウイルプラスホールディングス

第11回定時株主総会

ウイルプラスホールディングス

開催日 平成30年9月27日(木) 10:00~11:30
場所 TKPガーデンシティ神保町
お土産 なし
配布物 ミネラルウォーター

 


株式情報

株価 970(平成30年10/2現在)
単元株数 100株
最低購入額 97,000円
利回り(配当金+優待物+お土産)

2.45%


報告事項

1.第11期事業報告

2.監査報告

3.決算書類報告の件


決議事項

第1号議案 剰余金処分の件

第2号議案 取締役6名選任の件

第3号議案 補欠監査役1名選任の件


 

フィアット、ジャガー、ランドローバーの正規代理店「チェッカーモーターズ株式会社」、BMWの正規代理店「ウイルプラスモトレーン株式会社」、ボルボの正規代理店「帝欧オート」、ポルシェの正規代理店「ウイルプラスアインス株式会社」、以上4社の株式を所有することにより当該会社の事業活動を管理運営しています。

販売地域は、東京、九州、新規に福島を起点に東北地方へと拡大しております。

輸入車販売業界は、スポーツ用多目的車(SUV)の販売好調、プラグインハイブリッドやクリーンディーゼル等の環境性能に優れた車種、自動ブレーキ・自動運転等の安全技術の投入等に支えられ堅調に推移しており、当社においても今期の業績は増収増益で締めておられました。

また、3店舗のリフレッシュオープン、1店舗の新規オープンと販売基盤も着実に拡大されています。

そのような、好循環のなか本年2月20日に東京証券取引所市場第二部から同取引所第一部銘柄に指定されました。

株主からの質疑に関しては、増収率と増益率の差異に関して(新規設備投資等による支出増による)や、販売チャンネルよる多車種販売の可能性(正規代理店による車種限定・地域限定の縛りのなかでは現行では不可能と思われる)がありましたが、経営陣・株主ともに良好友好なムードのなか終了しました。

外国車販売という景気の動向に左右されがちな業種の会社ですが、経営者の理念、盤石な販売網、魅力ある商品ラインナップに支えられ今後の成長が期待できる感慨を持たせていただきました。