株主総会―日本BS放送

第20回定時株主総会 日本BS放送

開催日

平成30年11月13日(火)10:00~11:00

場所

日経ビル3階 日経ホール

お土産

オリジナルクリアファイル、ボールペン、

付箋、BS11プログラムガイド

配布物

お茶


株式情報

株価  1,218(平成30年11月15日現在)
単元株数 100株
最低購入額 121,800円 
利回り(配当金+優待物+お土産)  4.10%

議長:代表取締役会長兼社長 齋藤 知久

1.開会   議長挨拶

2.監査報告

3.事業報告

4.対処すべき課題

5.決議事項

6.質疑応答

7.議案採決

8.新任挨拶

9.閉会


報告事項

1.第20期事業報告の内容、連結計算書類並びに会計監査人及び監査役会の連結計算書類監査結果報告の件

2.第20期計算書類の内容報告の件


決議事項

第1号議案  剰余金の処分の件

第2号議案  取締役7名選任の件

第3号議案  監査役1名選任の件

第4号議案  補欠監査役1名選任の件

(すべて原案どおり可決)


対処すべき課題

1-1「4つの力」の強化

各項目を強化することにより、持続的成長を図る。

・企画力:視聴者やクライアントのニーズを捉え、的確な企画立案

・キャスティング力:映像の「品質価値」を高めるスタッフ・出演者のキャスティング

・マーケティング力:データベースを用いて潜在的な需要を喚起し効果的な戦略実行

・プロデュース力:皆様の役に立つ、質の高い情報・番組の提供製作

1-2「5本の矢」の強力な推進

各項目を強力に推進することにより、経営戦略および中期経営計画の達成を目指す。

・自社制作番組の充実と拡大:より良い番組への経営資源の集中

・情報番組の選択と拡大:プレミアエイジへのホスピタリティ強化

・アニメ番組の強化:得意分野の更なる強化

・ローカル局とのコラボ:強みを活かした差別化施策

・スポーツコンテンツの充実:新たなニーズの発掘と「癒し」や「楽しみ」の提供

2 収益基盤の多角化

収益基盤は一部の番組に、より比重が高いものとなっており、これらの収益番組をより盤石なものとする一方、新たな収益の柱となる強力なコンテンツの製作・獲得が喫緊の課題であると認識している。人気アニメーションへの製作出資等についても積極的に行い、これら以外にも、優良な国内外ドラマなどのコンテンツ獲得または優良なコンテンツの海外への番組販売などに対し積極的に取り組むことにより、新たな収益源の獲得に努める。


質疑応答 (1人2問まで)

Q

 

営業時間内であれば株主は関係書類を閲覧できるが見せて頂けなかった。

この件に関して顧問弁護士の見解はいかがか?

A

 

情報公開は重要だと認識しているが、株主平等の原則も大事だとご理解頂きたい。

できるかぎり積極的かつ公平に開示していく。


Q

 

 

アニメ関連の有料イベントを開催したが、今後はイベントでも収益を上げることを考えているのか?

A

 

今後は放送収入だけでなく、アニメを中心としたイベントを積極的に行い、

収益になるよう考えている。


Q

 

 第3号議案で監査役の小椋英正氏は任期満了となるが、第4号議案の補欠監査役選任の件の

小椋英正氏は同一人物か?また、当社の経歴が掲載されていない理由は?

A

 

第3号議案と第4号議案で記載されている小椋英正氏は同一人物である。

経歴は第4号議案で記載されているので第3号議案では省略した。


Q

 

 

BS放送はアンテナがないと映らないが、将来的にネットやスマホで見られるようになるのか?

A

 

 

オンデマンド放送を開発中であり、ネットで見られるようにする方向性である。


Q

 

社外取締役の新井さんへ、鉄道業界で長年お仕事をされていたようだが、

今回放送業界にかかわり違いの感想を伺いたい。

A

 

いままで経験した見識をもとに、取締役会や業務執行の中でお客様や

視聴者のニーズに幅広く応えていきたい。


Q

 

 

20期に掲げた対処すべき課題の結果を知りたい。

A

 

売上と利益は過去最高の記録を達成した。

自社制作番組やコンテンツの強化が不十分であったので、さらに万進しなければならない。


Q

 

1月に株式会社理論社と株式会社国土社を傘下に収め、事業拡大や新たなビジネス展開を行うと

記載されているが、買収後のシナジー効果や今後の方向性を教えて頂きたい。

A

 

両社は児童書に関して70~80年の老舗であり、学校や公共の図書館へ販売をしてきた。

児童書を放送事業やネットへ展開することにより、埋もれているコンテンツを

新たな切り口から加工し、放送に繋げていく。


Q

 

今回配当金は、利益からすると1円増額ではなく2円増額でもいいのではないか?

また、株主優待として、すでに開催しているアニメ有料イベントへの優先申込などを

検討して欲しい。

A

 

 

貴重なご意見として検討する。


まとめ

総会出席者は約300名程。会場は撮影禁止。

BSデジタル放送「BS11(ビーエスイレブン)」を運営。WOWWOWやスカパー等の有料チャンネルと

違い、通販の売上や広告料で利益を得ている。現在、BSデジタル放送の視聴可能世帯の割合は全世帯の

75%以上ある。インターネットの普及によりオンデマンド放送にも力を注いでいる為、BSアンテナが

なくても視聴可能な開発に期待したい。

番組改編に伴い人気番組をゴールデンタイムの放送枠で2時間に拡大したり、新番組を打ち出し視聴者の

ニーズを捉えた番組を多く放送しているのが伝わってきた。また、老舗の児童書出版社を子会社とした

ことにより新たなビジネス展開を図っていくとのことなので、今後ますます成長すると感じた。

今までBS11を意識したことはなかったが、新番組の中に個人的ではあるが興味ある番組があったので

今後BS11を見る機会が増えると思う。

大手町駅(案内の方)

日経ホール会場入り口

入場票

お土産、配布物