株主総会―スリープログループ

第42回定時株主総会

スリープログループ

開催日

平成31年1月30日(水)10:00~10:30

     経営懇談会 10:50~11:20

場所

西新宿大京ビル2階

お土産

なし

配布物

お茶、名入り和菓子


株式情報

株価  834(平成31年2月4日現在)
単元株数 100株 
最低購入額 83,400円 
利回り(配当金+優待物+お土産) 4.19% 

議長:代表取締役社長 村田 峰人

1.開会   議長挨拶

2.監査報告

3.事業報告(映像、ナレーション)

4.対処すべき課題

5.決議事項

6.質疑応答

7.議案採決

8.閉会


報告事項

1.第42期事業報告、連結計算書類並びに会計監査人及び監査役会の連結計算書類監査結果報告の件

2.第42期計算書類報告の件


決議事項

第1号議案  定款一部変更の件

第2号議案  取締役9名選任の件

第3号議案  監査役4名選任の件

(原案どおり可決)


対処すべき課題

①事業拡大の強化

より一層の内部統制及びコンプライアンスの強化。独自サービスの開発、営業力の強化も継続的な課題とする。

②法的規則等について

派遣先での直接雇用推進、派遣元での無期雇用化などの対策を進めている。また労働法改正に速やかに対応できるよう情報収集に努めると同時に、従業員が安定して働くことができる環境を構築していく。

③機密情報・個人情報の管理について

情報セキュリティ管理システムの認証制度、ISO/IEC27001の認証、プライバシーマーク制度の認証を取得し、保護体制を強化。セキュリティポリシーに基づいた管理体制を構築、監視し、適切な運用を行なう。

④ダイバーシティ及び女性活躍推進の取組みについて

SDGs推進委員会で従業員との定期的な議論の場を設け、意見を吸い上げる体制を構築の結果、「なでしこ銘柄」の認定を2年連続授受。また働き方改革の一環で「健康経営優良法人(ホワイト500)」の認定も2年連続で受け、今後も「夢」を目指す人材を支援する環境の整備を構築する。

⑤災害対策について

BCP対応を強化し、登録エージェント、コワーキングスペース利用企業への安全対策に努める。


質疑応答 (1人1問まで)

なし


まとめ

IT軸の営業支援、PC等機器導入、工事、運用等の受託・派遣が柱の企業である。

家電量販店等への販売派遣や企業が導入するタブレット端末設定サービスが好調。

多言語対応のコールセンターも契約企業増加している。

主であるBPO事業とコワーキングスペース事業を着実に拡大していることにより、売上高と純利益が

延び安定しているように感じた。情報社会の現代ではコンプライアンスやセキュリティ・BCP対策が

最重要であるが、認定資格の取得や確実な対策があり安心できる対応を実施している。

またSDGsを取り込むなど社会貢献度も高く、今後成長が期待できる企業であると感じた。

会場ビル

会場入口

出席表

配布物