株主総会―B-Rサーティワンアイスクリーム

 

 

第46回定時株主総会

B-Rサーティワンアイスクリーム

開催日

平成30年3月15日(金)10:00~11:45

場所

セルリアンタワー東急ホテル

地下2階 ボールルーム

お土産

サーティワンアイスクリーム

引換券(5枚)

配布物

パンフレット


株式情報

株価 4,035(平成31年3/26現在)
単元株数 100株
最低購入額 403,500円
利回り(配当金+優待物+お土産)  1.49%
株主優待

【株主優待券】

100株以上・・・1,000円分 (500円券×2枚)

500株以上・・・1,500円分 (500円券×3枚)

1,000株以上・・・2,500円分 (500円券×5枚)

5,000株以上・・・5,000円分 (500円券×10枚)

議長:代表取締役社長 渡辺 裕明

1.開会   議長挨拶

2.監査報告

3.事業報告

4.対処すべき課題

5.決議事項の上程

6.質疑応答

7.議案採決

8.閉会


報告事項

第46期事業報告の内容及び計算書類の内容報告の件


決議事項

第1号議案  剰余金の処分の件

第2号議案  定款一部変更の件

第3号議案  取締役7名選任の件

第4号議案  監査役3名選任の件

第5号議案  役員賞与支給の件

(すべて原案どおり可決)


対処すべき課題

①製造コストに影響を及ぼすものとして、乳原料や資材の価格高騰

 生産イノベーションによる原価低減の研究を推進

②原材料全体の30%程度を輸入の為、製造コストに影響を及ぼすものとして、為替の大幅な円安

 輸入原材料の支払について、製造原価の研究を推進

③物流費上昇に影響を及ぼすものとして、エネルギー価格の高騰

 フランチャイジー店舗への配送ルートの効率化、積載率向上、物流倉庫の拠点の見直し

④店舗売上に影響を及ぼすものとして、消費の低迷、少子高齢化及び人口の減少

 新しいフレーバーの投入、新商品の開発、販売促進キャンペーンの強化、TVCMや

 SNSを使った広告活動・PR活動の一層の強化など、マーケティング全般の高度化

⑤企業の社会的信頼へ影響を及ぼすものとして、予見不可能な原因による製品クレームや異物混入

 富士小山工場・神戸三木工場でのQC活動、フランチャイジー店舗を含む全社的な

 オペレーション向上運動の推進強化

⑥店舗への製品供給へ影響を及ぼすものとして、自然災害の被害による工場の操業停止

 富士小山工場(東日本)、神戸三木工場(西日本)の2工場体制の維持

⑦キャッシュレス決済や軽減税率への対応(オペレーション、POSレジスター他)

 全店舗にブロードバンド回線を導入し、POSレジスターの対応開発を推進

 以上を実施により、消費者に安全、安心な商品と、美味しさと楽しさ、新鮮な驚きを提供し、業績の向上、

 企業価値の増大に邁進していく。


質疑応答 (1人1問まで)

Q

 

 

6名の取締役より、サーティーワンの企業としての売りや強みを聞きたい。

A

 

・目の前で注文をいただき作る

・店舗に来るお客様へ「おもてなし」をし「ハッピー」な気持ちになっていただく

・お客様の笑顔と手渡しできるサービス

・数千のフレーバーを使い、全国にある店舗から他社にない笑顔で対応する

・種類が豊富で、店舗で選ぶドキドキ感を味わえる。

 フルーツ・ナッツ・チョコレートの組み合わせは他社にない

・31日来店しても飽きない豊富な種類


Q

 

 

他のメーカーではアルバイトの問題が発生しているが、対策は実施しているのか?

A

 

ブランドの崩壊となる問題として重要視している。

店長やオーナー、アルバイトリーダーとのコミュニケーションを行い注意喚起している。

また注意に関するポスターを各店舗に掲載し、啓蒙活動を実施している。


Q

 

 

コンプライアンスについて年1回開催している政策発表会には、アルバイトを参加させているのか?

A

 

社員と契約社員は参加している。

本年は1月に開催し社長や人事部長からコンプライアンスに関する情報展開を行った。

参加したメンバーが各店舗に展開し啓蒙活動を行っている。


Q

 

 

社員の店舗配置はどのような構成になっているのか?

A

 

国内に1160店舗あるが直営店は7店舗、加盟店70店舗となっており、

社員は直営店のみとなっている。社員不在の店舗はオーナーが運営管理を

実施しており、社員は営業としてサポートを行っている。


Q

 

 

第2号議案の定款変更について、今後の役員人事の詳細を知りたい。

A

 

 

事業の展開や拡大を行うため、柔軟な経営体制や機能を作るための定款変更である。

 


Q

 

 

従業員206名の平均年齢が高いと感じる。社員構成は順調なのか?

A

 

社員の平均年齢41.5歳と高いが、本部機能に特化した業務のため問題ないと判断している。

今後は新人の雇用も行い、若返り化を推進していく。

 


Q

 

 

店舗に行けない高齢者や施設に入っている方々へ、移動販売を行ったらどうか?

A

 

昨年より一部地域の介護施設へ移動販売を実施している。

今後は実施区域の拡大や宅配業者なども活用し、多くの方々へ商品を提供する計画もある。


Q

 

昨年の夏は暑かったが、売上が1.5%増とあまり伸びていない感じである。

この伸び幅をどう考えているのか?

A

 

6月から8月はあまりの暑さに消費者が外出せず売上が伸びなかった。

ショッピングセンター内に7割の店舗があるが、ショッピングセンター自身も

集客がない状況であった。

今年は新しいフレーバーとプロモーションによる集客を検討している。


Q

 

櫻井取締役へ、不二家は店舗縮小を行っているようだが、サーティーワンはフランチャイズが

主であるが、フランチャイズのことをどのように考えているか?

A

 

サーティーワンは製造と販売を行っているメーカーという認識である。

売上を上げるために、店舗を増やし工場の稼働を上げるマーケティング施策を行う。

またより美味しい味・時代にあった味を開発し、お客様がドキドキするような商品を開発し

活性化を図るために不二家の経験をサーティーワン活かしたいと考えている。


Q

 

ピーク時には444店舗あったが322店舗まで減少後、現在は1160店舗となっている。

今後の店舗配置はどのように考えているのか?

A

 

 

今後も店舗経営については、フランチャイズとの共存共有を実施していく。


Q

 

第2号議案では定款の変更、第3号議案では取締役全員の再任となっているが、

新しく若い人材を育成して、会社や取締役会を活性化してもらいたい。

また役員賞与が少ないのではないか。

A

 

会社を育てていく中で、若く新しい力は必要であると認識している。

今後の検討材料としていく。


Q

 

ある店舗で若い従業員と店長が接客をしているが、お客様が数名待っていたにもかかわらず、

店長は店頭に出ず接客を行わなかった。またキャンペーンの景品がなくなっているにもかかわらず

ポスターは掲載したままであり、残っていた他のキャンペーンの景品を配っていた。

店舗への教育はどうなっているのか?

A

 

このような店舗はあってはならない。来店いただくお客様には幸せになっていただきたいので、

ご意見を真摯に受け止め営業からオーナー経由で再教育を行う。

また新しい人材教育のプログラムを作成するよう検討する。


Q

 

製造売上原価率が50.7%となっているが、なぜ原価が高いのか?

低減策は検討しているのか?

A

 

原料の良質なクリームは輸入になるので原価率が高くなってしまう。

原価低減策として、省エネ化による電気や水道の削減、自動化による人件費削減を行っている。

また工場内ではQC活動を行い、日々業務改善を目指している。


Q

 

 

為替は円高と円安のどちらがいいのか?

A

 

 

3割を輸入に頼っているので、円安は不利な経営となる。


Q

 

 

TPPの発行に影響はあるのか?

A

 

 

現在、どのような原料を使えるか研究している段階である。


Q

 

31日や3月1日にキャンペーンを実施しているが、株主総会も31日に開催する

予定はなかったのか?

A

 

 

月末は会場の準備や現場回りの日でもあるので案はなかった。

 


まとめ

世界最大のアイスクリーム専門店「サーティワン」主にFC展開。

不二家と米国バスキン・ロビンスの合併。

店舗は身近に沢山あり、時々利用する企業である。当企業の強みでもある「フレーバーの豊富さ」は、

同業他社とは比較できないものを持っている。また飲食業では珍しい製造から小売までを行っている。

原材料の3割が輸入品であり、かつほとんどの店舗がフランチャイズであることも新しい発見となった。

実際に来店してもすばらしい笑顔で商品を提供しており、また味もしつこくない商品が多いため、

毎日でも購入できることが理解できる。コンセプトを守りつつ、企業が成長するような新商品の開発や

TVCM等販促キャンペーンも勢力的に行っており、利用者にすばらしい商品を提供できるよう取り組んで

おり、今後も成長が期待できる企業であると感じた。


会場入口

出席票

お茶、パンフレットの提供あり

総会土産

(アイスクリーム券)