株主総会―東京ドーム―

第109回定時株主総会

東京ドーム

開催日

平成31年4月25日(木)10:00~11:45

場所

東京ドームホテル地下1階

大宴会場「天空」

お土産

なし

配布物

パンフレット


株式情報

株価 1,107(2019年5/21現在)
単元株数 100株 
最低購入額 110,700円 
利回り(配当金+優待物+お土産) 2.21%
株主優待  (1) 東京ドーム株主優待 得10チケット
※所定の点数に応じ、東京ドームシティ アトラクションズ、ラクーア、東京ドームホテルだけでなく、東京ドームシティにおける様々な施設やイベントに利用可
(2) 東京ドーム 500円優待券
(3) 野球株主証

議長:代表取締役社長 長岡 勤

1.開会   議長挨拶

2.監査報告

3.事業報告(映像、ナレーション)

4.対処すべき課題

5.質疑応答

5.議案採決

6.新任挨拶

7.閉会


報告事項

1.第109期事業報告の内容、連結計算書類の内容並びに会計監査人及び監査役会の連結計算書類監査結果報告の件

2.第109期計算書類の内容報告の件


決議事項

第1号議案  剰余金の処分の件

第2号議案  取締役10名選任の件

第3号議案  監査役2名選任の件

第4号議案  補欠監査役1名選任の件

第5号議案  取締役に対する株式報酬等の額及び内容決定の件

(すべて原案どおり可決)


対処すべき課題

~中期経営計画「新機軸」に掲げている4つの目標~

①2021年1月期の連結営業利益130億円

②2021年1月期の連結有利子負債残高1390億円

③2021年1月期の連結ROA(総資産経常利益率)4%

          連結ROE(自己資本利益率)6%

④一株当たり12円の配当に加え、連結当期純利益60億円を超える部分のEPS(一株当たりの利益)×30%分の

 配当を業績に応じて実施

・東京ドーム場内サイネージの増設や高密度Wi-Fiの導入

・外部コンテンツとのコラボレーションにて、アニメ・コスプレ・ゲームなどシナジー効果が期待できるコンテンツとの連携促進

・スポーツ団体の受注、海外旅行代理店への働きかけを強化し外国人旅行客の誘致の底上げ

・熱海に誕生したリゾートでは、宿泊でも日帰りでも楽しめる新たな休日の過ごし方の提案

・訪日外国人の来場増加を図るため、インバウンド専用チケットの拡大、スマホアプリ向け広告の強化、良質な口コミの形成に繋げる

・定期的な地域美化活動、文化事業への支援、自社施設へのご招待など、地域住民に密着した活動を推進

・必要な施策をひとつひとつ実行し、グループの企業価値向上を目指す


質疑応答 (1人1問まで)

Q

 

 

風疹が流行しているが、当社として予防接種など対策は検討しているか?

A

 

 

発症したら会社として注意喚起をする対策は出来ている。


Q

 

 

電子マネーを導入しているが、チャージする場所がないが、検討しているのか?

A

 

 

導入は検討しており、順次対応していく計画である。


Q

 

 

障がい者の雇用人数と業務内容を教えて欲しい。

A

 

社員の2.42%を雇用し、国が定めている2.2%を超えている。

職種は農園での農作業や、ドーム内でのコピーや洗濯物の運搬を行っている。


Q

 

 

LGBTの教育はどのようになっているか?

A

 

 

講習は行っていないが、ハラスメント教育には力を入れている。


Q

 

 

一般管理費の項目で本社経費を裏上納金として不正会計があったが、どのように考えているのか?

A

 

 

不正はなかった。本社経費は生産性を上げることにより吸収していく方針とした。


Q

 

 

従当社を世界的に魅力的な会社にするためにどのような施策を考えているか?

A

 

 

様々なイベントで使える環境を整えている。


Q

 

 

ROEを上げるための施策はあるのか?

A

 

株式資本は現在4.3%だが、6%を目標とするため、財務体質の強化との

バランス投資計画を検討している。


Q

 

 

松戸公産に今後の投資は考えているのか?

A

 

今後大きな投資は考えていない。

昨年東大井に賃貸物件を購入し、利回りが4%確保できると考えている。


Q

 

 

ファーストキャビンをフランチャイズ化した理由を教えて欲しい。

A

 

短期的な効果が出るためフランチャイズ化を実施した。

マネジメント層の宿泊やセカンドライフの就業先を考えている。


Q

 

 

熱海事業は今後どのように利益を上げていくのか?

A

 

昨年はタワー館の単館営業だったので赤字となった。

来年度からはフルオープンとなるため利益が出る予定である。


Q

 

 

食中毒や異物混入があったが、経緯を教えて欲しい。

A

 

レストランで発生したO-157は原因の特定ができなかった。

衛生面では万全な対策を取り、教育制度も確立した。

また異物混入は器具の経年劣化が原因であった。

弁当の外注先では金属探知機を導入し再発防止を行い、ドーム内では破損したら

すぐわかる器具への変更を実施している。


Q

 

 

社外取締役が長期任務となっているが、どのようなことに期待を持っているか?

A

 

豊富な知識と経験、客観的に中立した知見が必要であり、さまざまな制約条件を

理解した方々を選任している。


Q

 

 

「豊かな社会に貢献」とあるが、ESG投資としてトップ100に入っていただきたい。

A

 

 

今後も投資を行い、トップ100に入れるよう努力する。


Q

 

文京区区議会の議事録にも記載されているが、裏上納金があった。

企業体質が悪いのではないか?

A

 

 

このような事実は一切ない。


Q

 

 

スルガ銀行の株はどうなっているのか?

A

 

 

50万株保有していたが、昨年25万株、本年残りをすべて売却した。


Q

 

 

配当性向をもっと上げて欲しい。

A

 

 

21.5~23.5%まで向上し、30%を目標に目指している。


Q

 

 

株価対策はどのように行っているのか?

A

 

 

様々な変動要因をアクションプランに入れ、計画を推進している。


Q

 

 

株主へのおみやげがなくなったがどう考えているか?

A

 

 

当社施設を利用いただき感想を得たいので、施設利用の割引券など対応している。


まとめ

日本初の全天候型多目的スタジアム「東京ドーム」の運営。

プロ野球公式戦と中心としたスポーツ、コンベンション、コンサート等を開催。

東京ドームが出来てすでに30年以上経つが、時代や来場者のことを考え、周辺施設も含めて設備改善や新設

を行い、前向きに取り組んでいると感じる。身近な場所にあるため、私自身も野球観戦やイベントで何度も

訪れたことはあるが、これからも来場者がまた来たいという気持ちにさせるようなイベント誘致や設備投資

が行われるであろう。

昨年は食に関する事故もあったが、適切な改善策を迅速に行い再発防止に努めている。

事業を広く展開しているが、売上や利益が順調に伸びている魅力的な企業と感じた。


会場入口

出席票

お茶の提供あり

パンフレット